東京都新宿区西早稲田、東西線「早稲田駅」利用が便利。大学病院と同クラスの最新鋭MRI装置完備。スポーツ整形外科に力を入れてます。

診療内容

・運動療法

 痛みや動きの悪さが問題となって日常生活での動作、スポーツ活動に障害が生じている場合、医師の指示の下、理学療法士が患者様の身体・動作を評価し、機能・動作を改善するために関節可動域訓練、筋力トレーニングなどといった運動を処方させて頂きます。

  • (写真-7)

  • (写真-8)

・物理療法

 運動療法の他に、物理療法機器により電気や温熱を身体に加える事によって、血液循環の改善、筋緊張の緩和、痛みを改善し、動作の改善を目的として行っています。
 *消炎鎮痛目的とした患者様は予約を必要としません。受付時間をご確認の上、来院ください。

  • ウォーターベッド
    (写真-9)

  • 過流浴
    (写真-10)

  • 干渉派
    (写真-11)

  • EMS
    (写真-12)

  • SSP
    (写真-13)

  • 牽引(腰)
    (写真-14)

  • 牽引(頚)
    (写真-15)

  • 超音波
    (写真-16)

  • MCR
    (写真-17)

・テーピング固定

 テーピングの主な目的として、怪我・再発予防、応急処置、関節・皮膚の保護などが挙げられます。怪我からの復帰の際に補助として関節の動きを制限したり、筋肉の負担を軽減させるように巻きます。テープにはさまざまな種類、巻き方があり、怪我の状態などによって使い分けて使用します。誤った巻き方で怪我の発生を助長する可能性があるため正しい知識と技術が必要です。

  • (写真-18)

  • (写真-19)

・筋力測定

 膝関節の伸展・屈曲筋力を測定し、数値化して日常生活、スポーツ復帰の判断の1つとし用いています。

  • (写真-20)
西早稲田整形外科
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 1-18-9 ARTS WASEDA BLDG. 1F - 4F
TEL:03-3209-6252
Copyright(C)西早稲田整形外科. All Rights Reserved.